top of page
検索
  • 執筆者の写真和彩 温

淡路の鱧

今年も鱧が始まりました。

塩炙り・天麩羅・しゃぶしゃぶなどでどうぞ。





淡路の沼島近海の海底はドロ地や柔らかい砂地のため、お腹の皮が擦れず薄くて柔らかいとといわれています。また、鳴門海峡の影響で身が引き締まり、潮流の速い海底に新鮮な水が供給されエサとなる甲殻類や魚が豊富で、肉質、コク、色合いなど最高の鱧に育ててくれます。「鱧祭」と呼ばれる京都「祇園祭」や大阪「天神祭」にはなくてはならない魚です。


閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page